ギャンブル依存でつくった借金債務への向き合う方法

1591 view

ギャンブルと借金について

ギャンブルと借金について

ギャンブルと借金は非常に関係が強いものです。

ギャンブル依存症は、自身の使えるお金をの限度を超えてもギャンブルをやめることはできません。

生活費もギャンブルへ使い込んでしまい結果借金に手を出すことになります。

このようなケースは珍しいものではなく、日本では借金に手を出すきっかけとして非常に多い要因とされています。

特に問題とされるのが、複数社から借金を行い、雪だるま式に膨れ上がった債務が自己の返済能力以上になってしまうことです。

また、規制限度までいくと認定機関から借金ができなくなることから闇金など違法貸金業者を利用するばどの問題になることもあります。

抱えてしまった借金について

抱えてしまった借金について

現在すでにギャンブルにより借金を抱えてる人も多くいると思います。

多額の借金を抱えてしまうと、その悩みや現実から逃れるためにさらにギャンブルへのめり込んでしまうことにもなります。

ギャンブル依存状態が長い人は大きな負担を抱え苦しい生活を強いられている人も少なくないと思います。

自己破産などにより借金を免債できると考えがちなのですが、ギャンブルが理由の債務は自己破産ができません

ギャンブルを要因として重ねた借金は地道に返済していく他ないのです。

依存回復と借金問題について

ギャンブル依存から回復を目指すには抱えている借金・債務をしっかとと自覚し、返済していくという気持ちを持つことが重要です。

ギャンブルを断ち、仕事をし少しずつ返済していくことが依存回復へつながります。

家族や友人が代わりに弁済してしまうと、また同じことを繰り返してしまいます。

身近な人の依存からの借金問題がある場合、決して安易に助けることは回復を遠のくことになるので注意が必要です。

債務整理を活用し負担を減らす

債務整理を活用し負担を減らす

先ほどギャンブルがきっかけの借金は自己破産できないといいましたが、債務整理は可能です。

自己破産以外の債務整理とは借金の総額と毎月の返済額を減額でき、一部の借金だけ選んで整理することができるというものです。

場合によっては過払い金が発生し、既に支払ったお金が手元に戻ることもあります。

現在複数社からの借り入れを行っている人や、長期間に渡り債務を抱えている人、返済が窮地に陥っている人などまずは弁護事務所などに債務整理の相談をすることをすすめます。

債務整理を行うと返済の道筋が分かりやすくなり、返済をしていこうという意思の大きな助けになります。

借金を返済していくにあたり、金利の免債や一本化は大きな負担軽減となりギャンブル依存克服へも大きなステップになります。

コメント(0)

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



免責事項

掲載内容は事実と異なる場合もございます。内容に関して一切保障するものではございません。

掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください

ご利用の際は必ず各関係機関に確認を行って下さい

掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際はメールにてお送り下さいませ

書籍紹介

ご協力・ご協賛団体