入院・共同生活施設でのギャンブル依存回復

2047 view

入院・共同生活

ギャンブル依存と環境

ギャンブル依存回復には周辺環境の改善が必要になる場合があります。

ギャンブル施設・メディア・仲間との完全離脱が理想です。

ギャンブル依存は本人の意思に関係なく、突如として抑えることのできない誘惑が襲い掛かります。

その発端は日常のささいなことからです。

重度の依存状態である場合には、ギャンブルと接しない環境改善を行うことは回復への最も最優先するべきことであると言えます。

入院・共同生活施設でのギャンブル依存回復

ギャンブル依存回復支援のための、入院が可能な病院や共同生活施設があります。

入所者は一定期間、施設内で規則正しくギャンブルから離れた生活を過ごすことになります。

ギャンブル依存症治療は極めて困難とされていますが、ギャンブルとの離脱時間長ければ長く空くことで執着心が弱まります。

いつでもギャンブルができる状況での生活は非常にストレスを抱えますが、ギャンブルを行うことが不可能な環境に置かれることで本人の心も負担が少なく回復へのスタートができます。

入所生活では同じ依存問題を抱える仲間とのグループミーティングや、精神療法プログラムを実践するなどして過ごします。

また、ギャンブル依存により仕事を失った人も多く復職訓練や技術取得も行い、出所後の社会復帰を目的とした支援もしています。

入所には費用が掛かるため家族などの支援が必要になります。

コメント(0)

  • まだ書き込みはありません

コメントを残す



免責事項

掲載内容は事実と異なる場合もございます。内容に関して一切保障するものではございません。

掲載情報に基づき閲覧者が下した判断および起こした行動により、いかなる結果が発生しても当サイトはその責を負いませんので、ご了承のうえご利用ください

ご利用の際は必ず各関係機関に確認を行って下さい

掲載内容の追加や変更、削除などのご希望の際はメールにてお送り下さいませ

書籍紹介

ご協力・ご協賛団体